集まる!ハマの発明家! 知的財産創造の喜び! 人生を有意義に!

当会のご案内

  • HOME »
  • 当会のご案内

当会の沿革概要とご案内

当会は、横浜市の設立で企業や市民発明家らが主体となって、1961(昭和36)年1月「横浜発明懇話会」として発足した非営利の市民団体組織です。
創立20周年を契機に1981(昭和56)年4月に「横浜発明振興会」に改名し、2018(平成30)年4月にNPO法人化致しました。

月一回定例で開催する日曜発明教室(ハマ発明教室)では、「会員の作品発表(表彰)」「外部講師による講演会」「テーマ勉強会」「顧問弁理士による特許講習」「発明相談:顧問弁理士や会員の中の専門家による」を行っています。

ハマ発明教室は2021(令和3)年3月で623回に達していますが、運営は会員有志によるボランティアで運営しています。

ハマ発明教室の「作品発表」は、アイデア作品や発明品、生活改善アイデアを気軽に発表する、楽しい意見交換の場です。

優れた発明やアイデアの創出には、他者の協力、情報収集、経験者の智恵も必要とします。専門家の発明相談と共に、先輩会員のアドバイスも有意義なものとなっています。

当会が定義する「発明」は、身近な日用品(文具や、キッチン用品、健康用具など)から、社会や福祉の仕組みや取り組み、ビジネスモデルやシステムまで広範囲にとらえ、意見交換を行っています。

なお、当会は、2020(令和2)年度、新型コロナ感染症の蔓延により、集合型の「発明教室」への参加を見合わせる方の為にオンライン中継を試み、さらに、第三波による緊急事態宣言下では、「発明教室」を全面的なオンライン開催に切り替え実施するなど柔軟に対応しています。発明仲間の発明発想・対話・情報交換の機会を絶やすことなく、新型コロナ禍においても発明ライフをたくましく継続しています。

様々なアイデアや、多様な経験の方のご参加を発明好きの仲間がお待ちしています。

会長 寺嶋 之朗

会のねらい

私たちは「発明」というキーワードで、アイデアの実現に向け取り組む多様な仲間が集まり、智恵を出し合っています。

社会が成熟し、多くの物が溢れ生活は豊かになっても、まだまだ工夫の余地があるもの、もっと便利にできるもの、そして新たな課題も登場しています。

当会には80歳を超えても生き生きと発明ライフをされている方もおられれば、若い現職の方が違った目線を求め参加されてもいます。人生100年時代、より有意義に。

発見や好奇心からの行動力、知識欲求や承認欲求等は、年齢にかかわらず、多くの方がもっておられます。

当会は、これらの思いを実現する取り組みや、活躍の場を提供するプラットフォームでありたいと考えます。

会員の会費で運営する小さな組織ながら、会員の発明ライフを充実したものにする取組を行っています。

NPO法人として活動範囲を広げていくには、様々な経験やアイデアを持つ多様な方の参加が必要です。「発明」「アイデア」に興味のある方の参加をお待ちしています。

 

なお、当会会員の発明品やアイデアに興味があり、世の中に提供(事業化)をお考えの企業関係者等の方からのお問合せもお待ちしています。

また、NPO法人として活動範囲の拡大には、より多くの活動資金も必要です。当会の活動にご賛同いただける企業、個人の皆様のご寄付を随時受け付けています。ご協力頂ますようお願い申し上げます。(法人会員はWEBページ他でバナー広告掲示させていただきます。)

PAGETOP
Copyright © NPO法人横浜発明振興会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.