人生100年時代を楽しく有意義に!

当会のご案内

  • HOME »
  • 当会のご案内

当会の沿革概要とご案内

当会は、横浜市の設立で企業や市民発明家らが主体となって、昭和36年1月「横浜発明懇話会」として発足した非営利の市民団体組織です。
創立20周年を契機に昭和56年4月に「横浜発明振興会」に改名して、現在に至っており、
平成30年4月にNPOの認可を受け法人化致しました。

会員有志の完全なボランティア運営により、月一回定例で開催される日曜発明教室においては、外部講師による講演会、顧問弁理士による特許勉強会や発明相談、会員の作品発表及び表彰などを活発に行っており、発明教室は平成30年4月で593回に達しました。

技術革新が飛躍的に速くなった現代、優れた発明やアイデアの創出には、会員相互の協力、情報収集、経験者のアドバイスを必要としますが、初めての方には先輩会員がサポートを行い、発明相談には顧問の弁理士や会員の専門家が対応します。

毎月開催の日曜発明教室は、老若男女がコミュニケーションで親睦を深めつつ、楽しく有意義に意見交換を行っています。ぜひ、皆様のアイデアや作品を気軽に発表していただきたく、大勢の発明好き仲間がお待ちしております。

発明というと便利な文具や、日用品、健康用具などのモノの発明を創造する方も多いと思いますが、当会の定義する発明には、社会や福祉のシステムであったり、仕組みや取り組み、ビジネスモデル等も含まれております。

成熟した社会の閉塞した状況を切り開くためには発明的発想がとても重要です、私達といっしょにチャレンジしてみませんか?最初は便利品でも小物でもなんでも結構です。

本年度より福祉や教育などの社会貢献活動も徐々に充実させていく予定ですので、ボランテイア活動で参加したいという方も随時募集させていただきます。

会長 寺嶋 之朗

会のねらい

2018年賀詞交歓会にて(発明学会の中本会長にもご参加いただきました)

人生100年時代をすべての人々がより有意義に、楽しく、お互いを支え合って暮らしていける社会を作り上げていくために、私たちは発明というキーワードで多様な取り組みを進めていきます。

社会が成熟して生活は豊かになり、社会保障も充実しましたが、心を病む人が多くなっているのはなぜでしょうか?

昔は貧しくても夢や希望があって充実した生活を送っていたと懐かしんでいる方々も多いのではないでしょうか。

当会には80歳を超えても生き生きとした発明家ライフを送っている会員が何人かおられますが、”老人福祉のデイサービスなんかつまらないから時間の無駄”と口を揃えておっしゃいます。

若手はもちろんですが、リタイヤ後の高齢者も知識の欲求や承認欲求が枯れることはございません。

当会はこれら高次の欲求を満足していただく様々な取り組みや、活躍の場を提供するプラットフォームでありたいと考えております。

現在は会員の会費だけで運営している小さな組織ではありますが、一人でも多くの人に幸せを感じていただけるように取り組んでいきます。

NPO法人化をきっかけに、活動範囲を広げていく予定ではございますが活動資金が不足しております。

当会の活動にご賛同いただける企業、個人の皆様のご寄付は随時受け付けておりますのでご協力頂ますようお願い申し上げます。(法人会員はWEBページ他でバナー広告掲示させていただきます。)

PAGETOP
Copyright © NPO法人横浜発明振興会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.